CM出稿の手引き
広告会社の皆様へ

ここでは、日本民間放送連盟の「テレビCMの素材搬入基準」に基づき、テレビCMの映像素材を作り、実際に放送していく作業手順をご紹介します。

あくまで簡易版のフローのため、詳細は資料をご確認ください。

 

代理店考査

弊社と初のお取り引きの広告会社様には、取引口座開設のための打ち合わせを実施させていただいています。

会社概要や登記簿のほか、何点かご用意いただいた上で面談(リモート対応可です)を実施させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

10桁コードの発番

テレビCMは全て個別に割り振られたIDコード=「10桁CMコード」で管理されます。 10桁CMコードのない映像は、放送できません。 冒頭4桁が広告主の「広告事業者コード」、後ろ6桁が個別のCMごとに異なる「素材コード」となります。

 

<広告事業者コード>

共通コード管理センターで管理します。管理センターに申請が必要ですが、一度申請すればその後は同じ4桁を使い続けることが可能です。

 

<素材コード>

広告主、広告会社が管理します。CM映像をリニューアルする時などに、広告主側で「前回のCMとは異なる内容」とわかるように管理します。

参考:日本民間放送連盟「テレビCMの素材搬入基準」P5~P6

★テレビ東京で代行できる場合もございます。詳しくは営業担当までお問い合わせください。

CM素材名の決定

広告主と広告会社でCM素材名を決定します。

文字数制限や使用可能な文字等、詳細は日本広告業協会 「CM素材名ネーミングガイドライン」をご参照ください。

クレジット表記

CM映像の冒頭および、放送局に納品する物理メディア(XDCAMおよびP2カード)およびメディアのケースには、

CMの概要(クレジット表記)を記載する必要があります。

参考:日本民間放送連盟「テレビCMの素材搬入基準」P19~P20

CM編集時の注意事項

①1媒体1素材のみ!

収録内容は、XDCAM1媒体につき1本です。また、1CMが複数媒体にまたがってはいけません。

 

②CM素材ファイルの構成

1素材は1ロールで構成し、ロールの構成は下記の通りでお願いします。

※詳細は日本民間放送連盟「テレビCMの素材搬入基準」P20~P21参照

 

③音声トラック、タイムコード、メタデータ等の記録ルールは日本民間放送連盟「テレビCMの素材搬入基準」P22~44に記載されていますので、こちらも必ずご確認ください。

CM素材搬入方法

CM編集が完了したら、原則として「放送日を含まない4日前まで」にCM素材を納品してください。

土・日・祝日をはさむ場合は、その日数分だけ繰り上げます。

連休や年末年始など上記の限りではないケースもあるため、詳細はお問い合わせください。

<XDCAM・P2カードでの納品>
CM映像を収録したXDCAMやP2カードを、以下の場所にお届けください。

株式会社テレビ東京メディアワークス
アドバタイズ業務センターCM事業部
TX CMグループ
TEL:03-3587-3280
FAX:03-3587-3278

タイムCM・お問い合わせアドレス
ml.ttctxtime@tv-tokyo-mw.co.jp

スポットCM・お問い合わせアドレス(SASも含みます)
ml.ttctxspot@tv-tokyo-mw.co.jp

参考:日本民間放送連盟「テレビCMの素材搬入基準」P19~P44

<オンラインでの入稿>
CM映像をオンラインで入稿することも可能です。
詳細は日本民間放送連盟「テレビCMの素材搬入基準」P11~P15をご参照ください。

<BS分の納品先>
テレビ東京メディアワークス
アドバタイズ業務センターCM事業部
BSCMグループ
電話番号:03-3587-3281
FAX:03-3587-3279
タイム:ml.bs-cm@tv-tokyo-mw.co.jp
スポット:ml.chk-bs-cm@tv-tokyo-mw.co.jp

CM進行

CM進行とは「〇月〇日の、このCM枠で、このCMを流して下さい」と指示する行為です。タイム・スポットそれぞれの書式に従ってご記入ください。

参考:「テレビCMの素材搬入基準」P47~P53

放送

CMの納品・進行業務を経て、局側で最終確認をおこない、放送します。

放送翌月のはじめに、CM実施の実績をまとめた「放送確認書」を発行いたします。

テレビ東京・BSテレビ東京でCM出稿をお考えの方は、お気軽にご相談ください

プロモーション計画でお悩みの方
初めてのCM出稿を検討中の方
新たにCMの制作をお考えの方
最新の媒体資料は
こちらからダウンロードできます。
ご質問やプランニングのご相談など
お気軽にお問い合わせください。